令和4年(2022年1月21日更新)

🐈 富山市 関動物病院 公式ホームページ 🐕

📱携帯でご覧の方へ

画面の右上にある「メニュー」をクリックしてください。目次が開きます。

最新の高度な医療機器は所有していません。

必要があれば、血液検査やレントゲン検査をしますが

問診、視診、聴診、触診に重点を置いて

見落としや、思い違い、思い込みがないように獣医師である妻と2人で考えて診察しています。

 

開設し40年経ちました。

最近、年齢的に体力、知力の衰えを感じています。

対応できないことが増えてきました。

 

👩従業員はいません。(募集していません。)

 

☆当院は、SNSなど、このホームページ以外のメディアには関与していません。

☆無断で当ホームページをリンクすることや画像の利用は固くお断りします。

2020年10月31日撮影

🏠 当院の建物は西側に面しています。人気の洋菓子のお店「リブラン本店」の斜め向かいです。駐車場の中央に立ち道路側を見ると4車線道路を挟んで30m斜め右側に「リブラン」があります。

関動物病院の情報

 

住所 〒930-0032 富山県富山市栄町2-2-18  ℡076-425-7403 

開設者 セキシンイチロウ   

     青色申告(会計事務所に依頼して申告しています) 

     取引銀行 富山信用金庫元町支店

開設届 1981年3月  富山県、   富山税務署 

建物  1989年建築のALC鉄骨構造3階建ての1階部分

敷地  約77坪  病院施設の広さ約30坪   駐車場5台

スタッフ 獣医師2名(開設者及びその配偶者

     従業員0名。(募集していません。)

部屋 待合室1、トイレ1、診察1、受付1、手術室兼レントゲン室1、処置室1、入院室1

業務 飼い猫、犬の診察、治療、予防注射、避妊、去勢手術、

    ノミ駆除, 爪切り、肛門腺処置

        犬猫用良質ペットフードと病気の療養食の販売、

        富山市と狂犬病予防事業事務委託契約(登録、鑑札、済票発行)

所属する会、団体等 なし  

 ペットのホテル、シャンプー、カットは、できません。

 ☆ペットの販売、斡旋は、できません。 

 

 「猫のフードのこと」 

 ペットフードは値段の安さや嗜好の高さ、発売が有名な企業であるなどが飼い主様にとっては重要なことだろうと思います。しかし中長期的には猫によっては健康を害する粗悪なペットフードがあります。

その中で尿路結石になりやすいドライフードがあります。

 気温が下がる季節に猫の泌尿器の病気が増えてきます。

 12月も、ねこ元気とキャラットミックスというドライフード交互を与えていたオス猫が膀胱内に砂粒状の結石ができて排尿困難になり、麻酔で鎮静させトムキャットカテーテルという管をペニス先端から膀胱に入れて排尿させ、テルモ注射用生理食塩水を使い膀胱内の洗浄をしました。メス猫は尿道が太くて短いので尿閉の深刻な状態にはなりにくいのですが、オス猫は、尿道が細くて長く、特にペニス先端の尿道が細くて砂時計の砂ように細かい結石でもに詰まります。個体差もあるので、すべての猫が発症するわけではありませんが比較的多い疾患です。

症状を飼い主様からお聞きし、洗濯ネットに猫が入った状態で、肥満していない場合は腹部から膀胱を触診しただけで固く鶏卵大に大きくなった膀胱に触れますので確定診断できます

 市販されている一般のフードには猫の泌尿器の病気を考慮してマグネシウムを制限してあると袋に書いてあるものもあります。しかしそれらを与えていても発病することはめずらしいことではありません。

ペットフードはたくさんの種類の原材料が使われています。フードのマグネシウム含有量を制限するとともに安定的に膀胱内の尿のPHを弱酸性に保つことや炭水化物を制限することなど重要な要素があります。是非お勧めしたいのは、病気になったときに与える処方食を研究開発しているメーカーの一般用ペットフードです。それらのメーカーのフードには健康であるためのノウハウがぎっしり詰まっています。

 私は少し値段が高くなりますが、ロイヤルカナン、ドクターズケア、ヒルズのペットフードをお勧めします。

 因みに当院では麻酔をかけて導尿、膀胱洗浄したときの1回の治療費は診察料1000円、麻酔3000円(猫がおとなしくて飼い主様が協力的な場合は無麻酔で処置できることもあります。)、導尿して膀胱内洗浄処置3000円、抗生剤注射1200円、尿検査等900円、半日入院1000円。など1万円ほどかかります。1回で快方に向かうことは少なく、毎日通院が必要なこともあります。

 尿道の狭い部分を切除する会陰尿道瘻設置術手術をしなければいけないものは10万円以上かかります。

 トイレから帰ってこない、何度もトイレにいくなど頻尿の症状がみられる場合はお早めに診察を受けられることをお勧めします。初期の段階では、キャットフードの変更だけで済むこともあります。

 腎臓からの出血が見られたり膀胱が伸びてしまい弾力を失ったものの予後は悪くなります。

 結石により完全に尿道を閉塞した場合、無処置では経験では2日で死に至ります。

☆処方食による治療で一旦完治したように見える場合でもフードを治療前のものに戻すと再発することは、しばしば経験しています。

 

経験的に長毛種は重症化しやすいような気がします。

注射できないほど凶暴であるものは、治療はお断りすることがあります。

 

多くの動物病院では粗悪なフードを与えることによっておきる病気からペットを守るために厳選した普通食も販売しています。普通食は診察なしで販売できます。

スタッフ

 総勢2名     

 

2021年 2名ともに富山市八幡地区センター会場で、2回ファイザー製新コロナワクチン接種を受けました。

 

 セキシンイチロウ    

     獣医師(開設届済) 

    富山市生まれ。  65歳

  県立富山高校卒 私立日本獣医畜産大学卒業(卒業時の名称)

      アマチュア無線局 JH9GXZ

セキアキコ     

      獣医師(開設届済)

  東京都生まれ 

  横浜市出身。私立麻布獣医科大学卒業(卒業時の名称)  

  3児の母。

  

         

      *2人ともアイバンクに登録しています。                     

                   

地図

富山県飼育動物診療施設名簿     (2017年3月31日)

富山県庁ホームページからダウンロードできました。            Excel

画像中央をクリックすると拡大、縮小します。

富山市 関動物病院

 対象動物 犬と猫

 〒930-0032

 富山市栄町2-2 

 ℡076-425-7403 

※おかけになりました通話はSDカードに録音させていただいています。

受付時間

月曜~金曜日

 午前9時~12時00分 

 午後3時~6時30分

土曜日

 午前9時~12時00分

 午後3時~5時

 

☆日曜祝祭日は終日休みます。